テーマ:プラモデル

ソッピース トリプレーン (ソ式22号) 完成

以前お見せしましたソッピース トリプレーンが完成しました 前回制作したソッピース パップと同じマルタ島基地に派遣された海軍特設飛行隊仕様です。                              ローアングルで!!                              後ろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トリプレーンの制作

仕事忙しいのにプラモデルの話です ここのところWingnut Wingの第1次大戦機にハマっていますが、すでに次の制作を始めました。 以前制作したソッピースパップの後継機で主翼を3枚にしたトリプレーンです                  フランスとベルギー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

RE-8(ハリーテイト) の 完成

8月に完成したRE-8の画像をお見せします。 今回の作品は前回のソッピースと同じに、1918年7月に連合軍の輸送船団をドイツのUボートから守る任務についている、マルタ島基地の海軍特設飛行隊と言う設定です。 1918年7月は第1次世界大戦も終盤の頃で、ドイツの最後の攻勢に対抗すべく、連合軍が地中海を渡り兵員を西部戦線に輸送して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

RE-8 の制作

この夏はまた仕事もせずにプラモデル作りをしていました。だって暑かったんだもの・・・ 今回はWingnut Wings製 1/32スケールの第1次世界大戦で英国軍が使った偵察用、2人乗りの複葉機を造りました。 まずはコクピット作りです。この頃の飛行機は樹と布で造られていたのです。      …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大日本帝国海軍 特務航空隊 ソ式-29号

前回からお見せしている「ソッピース パップ 」が完成しましたのでお披露目いたします                             朝日を浴びて!! 近頃年のせいか、それともでたらめな生活態度のためか起床時間がばらばらなので、日の出の光線で撮影しました実機らし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ソッピーズ 全体塗装完了

先日コクピットをお見せしたソッピーズの全体塗装が終わりました 初めてエアーブラシを使ったのですがよく判らないうちに終了・・・? しかしマスキングの不備もありその後の日の丸の塗装時に赤の色があちこち漏れてしまい、 また塗りなおし・・・ 詰めの甘さを実感した私です{%ピクト悲しいhde…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ソッピース パップ

久々にプラモデルの話です 7号零戦を仕上げてから急に第1次世界大戦の事が気になりだして調べていましたが、この頃に日本陸海軍はイギリスからソッピース パップという中古の飛行機を購入して研究していました                   ウイングナッツ ウイングス社製…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7号零戦 EⅡ-147 号

去年の11月から制作していた7機目のゼロ戦がやっと完成しました お正月にいじりたくて一生懸命に年末仕事をしたかいがあり、1月中旬には大方の制作は終わっていたのですが手直しをするために、パーツを取り寄せたりして今日完成写真を撮影しましたので、お見せいたします        …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

F5 号飛行艇 横須賀海軍航空隊

台風19号は行ってしまいましたがまだ風が強いです。 空気も洗われて今朝から良い天気になり久しぶりに真っ黒な富士山の姿を見ることが出来ました 昨日やっと製作し始めてから5ヶ月ぶりにF5号 飛行艇が完成しましたので御紹介します                   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6号零戦

桜が咲いているのに6号零戦を完成させてしまいました 私の零戦作りも通算6機目です。今回の零戦は昭和20年2月10日のラバウル トベラ基地にて出撃前の岩本小隊4番機 53-106 号(想像)です。                          逆行で朝日を浴びた機体             …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プラモデルクラブの合同作品展

桜も終わった群馬では昨日今日と春らしいのどかな日が続いています。 桜撮影で出かけたいところですがまだ仕事をしないために出られません何をしているのか? プラモデル三昧です・・・・ そんなわけで仕事もせずに私の師匠の所属するT'sホビークラブとモデラーズ OYA…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6号 零戦-2

前回作り始めました6号零戦の脚の部分をお見せします                          完成した主脚 ブレーキホースやサスペンションの部分が見えます。ボルトの先にはバネが内蔵されていて実物機のように動きます。                          今回は60発から100発弾装に変更しま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6号零戦-1

ついに6機目の零戦生産に取り掛かっています またゼロ戦かよ そうです、またゼロ戦です 今回の零戦は昭和17年6月に中島飛行機で製作された21型。 この月は日本海軍が早期講和に持ち込むべく、山本五十六連合艦隊長官の鶴の一声で、準…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

永遠のゼロと零戦 53-160 号機

ソチオリンピックも終わってしまいましたね・・・特に一生懸命になってみていたわけでもないのですけれど、アイスホッケ-の国際試合が見られるのは楽しみでした。 私こう見えても30代のころはアイスホッケーの監督なんかもしていて二度も骨折経験ありです カナダは強い{%びっくり1we…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4号ゼロ戦 53-104

8月11日にコクピットの製作記事を載せたゼロ戦の完成写真をお見せします。                         斜め後ろから見たカット 桜の撃墜マークは前回自作したデカールを張りました。この機体は連日の出撃で塗装の剥げている状態を再現してみました。よりリアルな感じを出すことで昭和19年1月のブーゲンビル島ラバウ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あけましておめでとう

あけましておめでとうございます。 結局12月はブログの更新ができなくてごめんなさい12月は来年の桜の原稿などで忙しかったのですが・・・またゼロ戦のプラモデルを作っていました だって永遠のゼロも公開になったし、風たちぬを見て来たし、今ゼロ戦でしょう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暑いのに零戦

今日も朝から晴れて暑いです 零戦のコクピットを製作していますが今日は計器板と右側面をお見せします。                          コクピットの右面は無線関係が並びます 画面中央の機器は無線管制機、左上のは送信機と室内灯。赤い上のレバーはフラップ切り替えレバーと下のは脚上下操…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暑いのにプラモデル

ついに40℃越えだー とうとうこの季節がやってきてしまいました・・・「暑いよー」 というわけで、来年のカレンダーの製作方々、またもや零戦のプラモデルを作り出しています 今回で零戦4機目(52型は2機目)の製作になりますが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

零戦製作記 -10

暑かったり雨降ったりでじめじめの毎日です さて遅くなりましたが零戦21型(中島製) 1-102 号機の完成写真をお見せいたします。                        零戦製作 二機目です 前回よりは格段に進歩はしていますがやはり色々気になります。 まず塗装ですが日の丸や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

零戦製作記 -9

先日鶴岡市のイオンモールで「風立ちぬ」を見てきました 映画の内容は二郎の夢から始まり、飛行機の設計技師を目指すところなどは子供さんにも見てもらいたいし、大人には二郎の設計者(作家)の生き方が色濃く出た作品だと思いました。 航空機の設計もアニメの監督も絵描きも小説家も写真家もクリエーターということでは変わりな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

零戦製作 8

岩本飛曹長の零戦21型 1-102 を作っています。 史実に合わせて撃墜マークを自作デカールで製作したのですが・・・・ 早速零戦の迷彩色の濃緑色に前回お見せした桜デザインの撃墜マークを貼って見ましました。 すると下地の緑が強すぎてピンクの撃墜マークがさっぱり見えなくなってしまうのです。 せっかく苦労して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

零戦製作 7

  撃墜王  岩本徹三氏といえば当時の撃墜王といわれた人です。 日中戦争で初撃墜を記録してから太平洋戦争が終わる昭和20年までに撃墜した数は200機以上 当時5機も撃墜すれば撃墜王といわれた時代にです。 そんな訳で昭和18年12月9日現在岩本飛曹長がラバウル基…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

零戦製作 6

今日は暖かだった春日もひと休みで、雲って肌寒い気温になりましたが風は吹いていません この気温なら咲いた桜も長く楽しめるかもしれません・・・ 零戦21型の製作も塗装になりますこれで飛行機らしくなると思います                     マスキングした機体に裏面の薄い色から塗りま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゼロ戦製作記 5

いよいよ桜が咲き始めて撮影の予定を考えいてる今日この頃ですまずは近くの桜から撮影に行きますよ・・・ というわけで今日は零戦の胴体の様子を見てもらいます                           胴体に主翼、尾翼、垂直尾翼が付きました …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

零戦製作 4

今回は零戦の心臓部分のエンジン、中島飛行機製「栄12型」の組み立ての様子です 零戦の設計は三菱の堀越チームが担当しましたが実際のエンジンは三菱製では出力が足りず、海軍の意見でライバル会社の中島製栄エンジンを搭載することになりました・・・さぞかし三菱は残念だったろうと思います{%がっかり(orZ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

零戦製作-3

胴体にコックピットを取り付けてから主翼の製作をしました。 主翼の中には脚を引き込むためのスペースが取り付けてあります。 20mm 機関砲とバネが見えますがこのバネを利用して脚を主翼の中に引き込むようになります 取り付ける側の主脚です。ブレーキホースやサスペンションも作りこんであり、実際にはバネが内蔵してあるのでタイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

零戦製作記-2

零戦プラモデル製作の続きです 今回はタミヤ模型から発売している「零戦 21型」 1/32 スケールの二機目になります。 早速胴体の裏面の塗装をしてから酸素ボンベ等のパーツの取り付けをしました この部分は後に翼を取り付けた時点でまったく見えなくなってしまうところでは有りますが手は抜き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

零戦製作記-1

相変わらずブログの更新をしない人ですみません。 この前知り合いからゼロ戦プラモデルの製作記を載せるとか書いていながら載せないじゃないかとの指摘を受けて再開させて頂きます。 最初に作ったのがタミヤ模型から発売されている零戦21型 1/32スケールです。 岩本徹三氏の航空母艦「瑞鶴」時代の搭乗機…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more