芸術の秋

大変お久しぶりです
            あんたダレ
                               ・・・・って   忘れられてる

しかし気を取り直して
         芸術の秋の話をしましょう  食べ物じゃないって

        14日の金曜日はまたもや下川先生と東京に行きました

             最初に訪れたのは、目白の「古道具坂田」です

 美術界でも有名な骨董屋で、最近では若い芸術家たちからも一目置かれるカリスマになりつつあります

画像

                        いきなり汚くて小さなお店

             どんな店だろうと恐る恐る入るとごらんの様なセンスあふれる品揃え

画像

                         しばらくは無言で品定め

           ほしいなと思ったものはアフリカの布地
                                    李朝の硯・・・・  8万円

画像

                        商談中のご主人と下川先生

                       先生 それ買うの
          ただの壁板ですよね・・・
                          しかもペンキ剥げてるし

          しかし二人とも幸せそうな顔しちゃって、変人同士気が合うみたいです・・・

   でも私自身もいろいろ感心させられたり、勉強になったりで
                                       楽しい時間をすごせました

                                                              つづく
         

"芸術の秋" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント