季節通信

アクセスカウンタ

zoom RSS 鹿が罠にかかる

<<   作成日時 : 2018/10/03 21:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

久しぶりに晴れたのでカメラを持って部落内を撮影して歩きました

画像

                        空き家になっている庭の金木犀の下で

朝の強い光線が長雨でたまった水を立ち昇らせています。山あいの清々しい景色になりました

爽やかの空気の中、さらに上の部落に向かうと祠の前に仕掛けられた罠に鹿がかかっていました

画像

                         しきりに暴れていた

画像

                          仲間の方を見ているのか

この頃鹿は毎晩のように出没して畑を荒らしていきます。この部落で畑をつくろうとするのならば網で囲わなければなりません(*´з`)

画像

                         遠くの山に朝陽があたり出した

大家さんが言っていた「猿は命懸けで食べ物を盗りに来ているのだ」という言葉を思い出しました。

画像

                          額をぶつけ鼻血を出している

罠にかかった獣は、ハクビシンも笹ぐまも何とか出ようとして檻に頭をぶつけて皮が剥けてしまいます。
この鹿も同じように必死に檻に向かって頭をぶつけていました( ;∀;)まさに命がけです・・・

山の生活の中で野生動物に同情することは生活の破綻を意味している。増えすぎた鹿は田畑を荒らし、樹を枯らし、野兎を駆逐して生態系までも変えているのです。人も野生動物も覚悟して生きているのが山の暮らしなんだと思いました。この駆除される鹿の肉を感謝していただくことにしましょう・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
鹿が罠にかかる 季節通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる