高遠城の桜

4月10日は前橋カルチャーセンターの「大人の遠足」の講師で長野県伊那の高遠城に行ってきました

朝7時に前橋を出発後佐久インターで下り残雪の八ヶ岳を見ながら諏訪に向かい、高遠には12時に着きました。

画像

                     高遠城ではもっとも有名な桜雲橋

この日の高遠は予想していたような交通渋滞もなく予定どうりに市内に到着しました
お花見弁当と高遠そばで昼食 この高遠そばがなかなかの変わり者・・・
通常の盛りそばの汁に辛み大根を入れて半分食したあとに、焼き味噌を入れるという二段仕掛けの味が楽しめます
さすがに辛み大根と焼き味噌を入れますので味は濃い目になるため、入れすぎには注意です
そして満足して食べ終わった後、蕎麦湯を入れて飲んだときの旨さは驚くほどの絶品です
侮るなかれ、信州高遠そば

画像

                      桜雲橋下の空堀から見上げました

満開のコヒガン桜の中、さすがに多くの人が訪れています

画像

                      コヒガン桜と仙丈ヶ岳(南アルプス)を望む

高遠城からは南に中央アルプス、東側の歴史博物館あたりからは雪を戴いた南アルプスが桜越しに望むことが出来、山深い信州の春を楽しめるのです。

高遠城のコヒガン桜は染井吉野とは違い、花も樹もやや小ぶりで花の色も赤が強めなので、華やかで可愛い印象でお花見も、より楽しくなります。

今日、明日の週末が花見のピークかもしれませんが人出も多いでしょう。
渋滞でイライラせずに時間に余裕を見て楽しんできてください。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック