零戦製作 7

  撃墜王 

岩本徹三氏といえば当時の撃墜王といわれた人です。
日中戦争で初撃墜を記録してから太平洋戦争が終わる昭和20年までに撃墜した数は200機以上
当時5機も撃墜すれば撃墜王といわれた時代にです。

そんな訳で昭和18年12月9日現在岩本飛曹長がラバウル基地に転属してから零戦21型 1-102 号機で落とした敵機の数は80機に達していたと書かれています。
と言う事は、私が再現している零戦にもこの撃墜マークを描かなくてはなりません

しかし困った・・・
一言に撃墜マークといっても各隊の整備兵が独自にデザインしたマークを色々な位置に描いていたのは知られていますので、岩本飛曹長のものがどんな様子だったのかがわかりませんでした・・・が
ありました岩本氏本人がデザインを残していました。
またその本の中で、撃墜マークがあまり多いために胴体の後ろのほうが桜色に染まったように見えたというような記述があることから、この撃墜マークがピンクであると思われます。

画像

                            小型機用の撃墜マーク

画像

                           大型機用の撃墜マークは八重桜

以上のことを参考にして私が勝手に作った撃墜マークです。大きさは他のパイロットの証言で10cm 位の大きさだったというのがありましたので 1/32 のスケールに直して 3mm 位になりました。

それを自作プリント用のデカールに印刷したのが下の写真です

画像

                          A4 サイズにプリントしました

試作用と失敗したときのために何種類ものデータを印刷しています

やった出来た 良い出来だと自分でも満足の出来栄え・・・

早速試しにこのデカールを貼ってみると思わぬ落とし穴が・・・          つづく

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック