芸術の秋 -2

今回紹介するのは私の地元群馬県の版画家お二人の展覧会です

画像


大塚さんは桐生の方で、広瀬さんは私の住む町内でご活躍の版画家です

今回開催した会場は元金谷レース工場の跡地で有形文化財に指定されている住宅を使用しています

画像


                   古い建物の廊下に飾られた作品

画像


                        会場に居られた広瀬先生です

広瀬先生の作品は自分の撮っている桜や古木などと言ったモチーフに良く似ている作品が多いので心惹かれます・・・

画像


                       日本間の落ち着いた空間に置かれた作品

こうしてみると日本建築と日本の作家さんの作品は良く合うと思います近代的な美術館やギャラリーには無いよさを感じます

隣の工場跡では美味しいパンも売っていますので楽しみです

こちらも28日迄ですので佐野のギャラリーとはしごしてみてはいかがですか

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック