季節通信

アクセスカウンタ

zoom RSS 雪の喜多方

<<   作成日時 : 2015/02/14 12:36   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2月に入っても寒い日が続いていますが先月の28日に雪の積もる、喜多方の蔵をめぐった旅の様子をお見せします(寒)

画像

                           三津谷のレンガ蔵

喜多方郊外の三津屋地区のレンガ蔵は有名ですが公開しているのはこの若菜家だけです。ちょうどこの日はお婆さんが亡くなり午後から入棺と言うことでした。確か96歳と聞いたと思います・・・

画像

                        右側は味噌倉で現在も使われています

画像

                           正面に見える蔵の二階

正面に見える蔵は観光用に業者に貸していたそうですが現在は二階に色々な道具を展示しています。
どれも時代のある良いものばかりですが今回昭和初期のものと思われるガラス乾板のネガを見せてもらいました。御主人はあまり興味がなさそうでしたが私は興味しんしんでお預かりしてきました。
既に大方の現像は出来ているのですが御主人に許可をもらいましたらお見せできると思います。
海軍の飛行兵だった御先祖が撮影された物だと思いますが巡洋艦や航空機、喜多方や会津の人や街の様子が写されています。

お葬式の邪魔をしてはいけないのでお昼ご飯を食べに喜多方市内に戻ってきました。

画像

                         昔ながらの民家で食事

味噌田楽や自家製のおそばなどが美味しかったです喜多方は味噌や醤油、お酒などの蔵元が多いのですがどれも美味しいものばかりでした。ただ昔ながらのためか少ししょっぱめなのが特徴です。
この醤油を使ってラーメンを作っているわけですから、この味になるのかと納得しました。

喜多方市内の三十八軒蔵にお邪魔しました。その名の通り蔵が4つくらい並んでいるお宅ですが通常は公開していません。今回一緒に行かれた方の妹さんがお嫁に行かれたところということで、特別に見せていただきました

画像

                         蔵の二階は座敷になっていました

ちなみの一階はお店に貸しているそうです。

画像

                           時代を感じる人形と時計

画像

                            国産カメラの初期のタイプ

現在メーカーでも所有していないようです。

画像

                        昭和16年1月7日の日付が描いてある

商売をしていたようですが昭和16年と言えば12月に太平洋戦争に突入した年です。

画像

                          見学している様子

鴨居の額には「和」と書かれいてますが反対側には「敵国降伏」の額が飾ってあります。陸軍中佐の軍服や軍刀などもかかっていて、昭和16年頃へタイムスリップしたような蔵の中でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
雪の喜多方 季節通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる